So-net無料ブログ作成

ショーゲキの事実 [cure/health]

Text by 華姉&リスボン


10月のはじめ、
ちょっと、華の左眼の表面が気になり、
ホームドクターの紹介で
目の診断と治療が専門の獣医さんに、診てもらいに行きました。

11-01-29-0002.JPG


















そこで眼の撮影をはじめ、
精密検査をしてわかったことは、
左眼が完全に失明していた! という衝撃の事実。
さらに、
右眼もあまり見えていない、と。

08.5ジョナ家0010.JPG














華が見ている世界は、
すりガラスを通したような、ぼんやりしたものだそうです。
両目合わせても、
正常な状態の視力の5%程度らしい……[もうやだ~(悲しい顔)]

それでも、
大学で長く目の研究をされ、
犬の目の疾患をたくさん見てこられた先生によれば
「ハスキーの血を引いている14歳にしては、
 この子はそれほどひどいわけではない〟」

ーーとのこと。

08.7八ヶ岳0013.JPG


















左眼は、色素性角膜炎
ハスキーは、これに罹りやすい遺伝的因子を持っているそうです。
写真に写った左眼は真っ黒。
角膜にメラニンが沈着して、まるでフィルムを貼ったような感じ。
0.7〜1ミリの厚さの角膜は、よく見ると表面が
でこぼこ〜な状態になっていました。

DSCF0189.JPG



















ただ、見えてはいないけれど、
視神経自体は機能しているらしく、
音やモノに向ける眼の動きに変わりはないのです。。
焦点は合っていますし、
左右の眼の動きもそろっています(見た目は)。

DSCF1579.JPG












幸いなことに、今のところ
視力喪失が原因で何かにつまずいたり、
ぶつかったり、ということはありません(……見ていないところではあるのかなあ?)。
歩くことを怖がったりする素振りも見せません。
嗅覚と聴覚が補っているのか[耳]
あるいは、
華が人並み(犬並み)外れた「勘」の持ち主なのか[ひらめき]
超楽観主義なのか[るんるん]
……そのどれもが当たっていてほしいけど。

08.10八ヶ岳0018.JPG














眼科検査をしてみて、もう一つわかったのが
左目の涙液の少なさ
犬は、15-25mm/1分以上ーーが平均らしいのですが、
華の場合は、右目は20mmの正常値ながら、左目は4mm!
ドライアイなんてものではない状態です。
つまり、左眼は「角膜炎」「涙液不足」が重なってしまったそうです。

人間と同じで、歳をとれば眼が見えにくくなることはあるでしょう。
実際、右眼は年齢相応の白内障で視力が低下しているそうです。
(左眼は角膜が黒くて白内障かどうかの判定すらできず)
でも、左眼の視力喪失は、
痛みも伴いながら、徐々に進行していたもののようです。

DSCF1114.JPG



















やたら何かにぶつかるとか、
パッと見で目の退化がわかれば気づけたかもしれないけれど、
言われてみれば、
たまーに、左眼をパチパチ瞬きしていました……
でも、痛そうな素振りはなかったので特に気に留めず……[もうやだ~(悲しい顔)]
ごめんね、華ちゃん!

DSCF0428.JPG


















10月からは、華の薬に点眼も加わりました。
1日3回、2種類。
それぞれ時間を空けて点眼するので、1日6回。
一つは、左右両方の眼に。
もう一つの、先生特製の通称「黄色」は左眼に。
左眼の角膜炎は「不可逆性」で、もう視力は戻りません。
涙液不足から、これ以上角膜が損傷すると大事(おおごと)ですので、
それを何とか食い止めるための「黄色」です。

華は、大きなお目目を(一応は)ギュッとつぶって抵抗しますが
「もういいかなー?」とそっと開けるタイミングを見計らって、
その瞬間に1滴ずつ、点眼します(笑)。

DSCF0646.JPG



















それにしてもーーー
「リンパ球性形質細胞性腸炎」(→決まった療養食のフードのみ)
「甲状腺ホルモン低下症」(→ホルモン剤を服用)
「肝臓系の病気(ALPが2000超え、胆のうに胆泥の影)(→利胆剤とサプリを服用)
「脊椎の変形」
「慢性的な外耳炎」(→ひどいときにお耳に薬を注入)

ーーーを抱えて、これまでも十分に「お薬」と仲良しだった華。
そこへ、目薬も加わりました。

DSCF0692.JPG



















加齢により足腰が弱ってきて(以前に比べて)
「長く、速くは歩けない」
(←若い頃は一日中、山麓や渓谷を歩き回っていた)
「走れない」
(←若い頃は、ドッグランで走り回っていた)
「2階に上がるときは、腰を持ち上げてあげるサポートが必要」
(←サポートを受けても〝自力で登る〟ことでプライドを保っている感じ。[わーい(嬉しい顔)]
  2階に行くときは「一緒に行こう」と誰かを誘います。でも抱っこは嫌がります


IMG_7245.JPG


















……と、
抱えている病気や症状、飲んでいるお薬を書き出せば
満身創痍のようですが、
見た目も態度も至って元気です薬の力って偉大です!)
「おでかけ意欲」も衰え知らず
なので、左眼の視力喪失がわかってからも、
これまでどーり「おでかけ」しています。

DSCF0635.JPG



















私たちが注意しているのは、
〝左側からモノを見せない〟
そして、なるべく
〝右側にいるようにする〟
〝右側から近づく〟
ーーーということ。
左がまったく見えない分、音や気配にハッと振り返って、
左目の眼球を傷つけてしまうのが怖いからです。

DSCF1103.JPG













とはいえ、
どれだけ病気を抱えても、
薬で「フツー」の生活をキープできるうちは大丈夫
当の華が、
「美婆路線」で若者♂を魅了する気持ち(意欲)があるうちは大丈夫!

そう思わなきゃ(笑)

DSCF1562.JPG













※写真は、華が7歳〜13歳の頃のものからピックアップしてます。


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。