So-net無料ブログ作成

今年もよろしくお願いします! [華の日常]

 

DSCF3926.JPG



















華ともども、元気に新年を迎えています[手(チョキ)]

年末年始の華ちゃんは、1日おきに「おでかけ」。
『寒い季節はアタシの季節」とばかりに、
グイグイ引っ張って遊歩道を歩き、
ときには、走り出したりしています。

1月2日は、星ヶ丘の初売に行ってきましたよ。
張り切って出掛けて9時半前に着いたら、
Dog Deptの前にも、すでに行列が……。

DSCF3901.JPG

車を降りて、
スタスタお店の前まで
引っ張ってきた華。

オープン前のお店を
ドア越しにのぞいて
「なぜ入れないのか?」
と、不思議そうでした。











DSCF3903.JPG














福袋が目的ではなかったので、
お店がオープンするまで、しばしお散歩。


DSCF3904.JPG





星ヶ丘の坂を上がっていくと
雨も止んで
青空になりました。


















DSCF3906.JPG

私・リスボンのかつての学び舎の前で
華の記念撮影。













お買い物をする間、
華にはしばし車の中で休んでいてもらい、
11時を回った頃に
Dog Deptのカフェへ。

DSCF3913.JPG




入口すぐの席。
お客さん観察する華。

(何だかサッカー少年か
 バスケ少年みたい?)











DSCF3918.JPG



「あたしのケーキ、
 ちゃんと
 オーダーしてくれた?」









腸炎がわかってから、
カフェで犬メニューをオーダーすることはなくなったのですが、
この日は、何年かぶりで
NGフードではないスイートポテトのケーキを注文(ただしSサイズ

DSCF3909.JPG

お隣の席のお客さんのオーダーを
お姉さんと一緒に聞いています。
(典型的な野次犬)












DSCF3911.JPG



お隣の席のトイプーちゃん(♀)は
2頭とも華を怖がらず。

華もNGな声を出すことなく、
静か〜に、ご挨拶していました。








ニンゲンのお食事が終わった頃、
華のスイートポテトが運ばれてきました。

「信じられない! ホント?
 ホントにいいのー?」
と、目をまん丸にして大喜び。[晴れ]

DSCF3915.JPG

この後、
華のマズルと同じくらいの大きさの器(Sサイズ)に
必死に顔を入れて、一気食べ。
洗ったように
きれいな器が残りました(笑)。










カフェで食事&お茶したあとは、
ショップで華の服をチェック。

DSCF3920.JPG














華の場合、胸回りはハスキー並みで、
胴体が短い特殊な体型。
XLサイズなのですが、
どうしても、下半身の布が余ってしまう。。。
だから、服を探すのも大変です。

これまでは機能第一でしたが、
今回は、14歳にして初めての「ワンピです!

DSCF3921.JPG



本犬、まんざらでもない顔。
















DSCF3923.JPG

いちおう、
鏡でもチェックしましょ。













購入したワンピを着たまま、
星ヶ丘テラスをお散歩。

DSCF3924.JPG


なんとなく歩き方も
セレブな奥様風。












「かわいい!」
「かっこいい!」(←顔の模様を見て男の子と間違えられてると思われます)
ーーーと、すれ違う人から声をかけられ、
華の耳[耳]は大忙し。
ちゃーんと聞き分けて、
美婆エネルギーのチャージをしてました。

DSCF3928.JPG

家に帰ってきたら、
お気に入りのコタツの一角でお昼寝。

フードをかぶると、
なんとなーく、
シベリア地方の人のようです。
(単にイメージ……)

あ、シベリアンハスキー入っているから、
それでいいのか。。






今年の夏には15歳を迎えます。
このまま元気に過ごしてほしいものです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします  [わーい(嬉しい顔)]


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

右ひざ靭帯断裂(その1) [cure/health]

 
初の「ふりふりワンピ」で
ご機嫌に2012年をスタートさせた華でしたが……
タイトル通り、正月明け早々に
右後ろ脚(ひざ)の前十字靭帯を断裂してしまいました![もうやだ~(悲しい顔)]

DSCF3950.JPG

靭帯切っちゃいました。



「散歩(歩くこと)大好き」
なのに
制限されているから
ややストレス溜まり中。。。

 

 

 



それは1月5日の夕方、私・リスボンと一緒に散歩中のことでした。

横断歩道を渡っている途中で、急に華の体が傾きました。
渡り切ったところで体を支えると、
右・後ろ脚を浮かせています。
鳴いたり喚いたりしないものの、
いつもとは違う、神妙な、困ったような表情の華。

これはただごとではない! 
と、すぐに〝垂直抱っこ〟をして家まで戻りました。

右・後ろ脚に注意して、庭にそっと降ろしても、
足を地面に着けず(着けられず?)宙に浮かせています。
抱っこしたまま2階へ行き、
華の定位置(こたつ布団の一角)に降ろしたのですが、
すぐには、
座るのも、横になる(寝そべる姿勢をする)のも苦しそう。。。

華姉が帰宅するのを待って、
車でホームドクターのところへ。
(車の中でも、座席に座る→寝そべる、のが厳しい状況)

病院で右脚の触診をしていただき、
半月板を損傷している感触はあったのですが、
華は、鳴き声(悲鳴)1つ立てませんでした
(靭帯が切れていれば、触ったときに痛がって鳴くので
 ハッキリわかるそうです)

華は、痛みに強いのか、あるいは、鈍感すぎるのか。。。

おまけに、そんな状態なのに
いつものよーに、診察室の器具に顔を近づけてクンクンし
3本脚で探索しようとする華……

でも、14年間診てくださっている先生は、
そんな華の性格も特徴も十分にご存知です。

すぐに市内にある動物専門の整形外科病院に電話してくださり、
翌朝、華姉&リスボンで華を連れて行くことにしました。

この晩の華はーーーー
とうとう、一声も発しませんでした
普段なら、
何かを要求したり主張したりするのに
声を出すのですが
それも一切なし。
華なりに、自分の身に起きたことを不安がっているようで、
寝たり、立ち上がったりするときのサポートも、
抱っこされることも、
神妙な顔で、黙って受け入れていました。

DSCF3872.JPG


年末12/29には
杁が池公園で
1歳半のシバ君と
元気にじゃれ合っていたのに〜

 (低い姿勢になって
 「あそぼ!」と誘っています)

 

 

 

 

 

DSCF3873.JPG

 

 

 

 

 

 






そしてーーー

翌日の詳しい検査の結果、診断されたのが
「右 前十字靭帯完全断裂」


※つづく〜


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

右ひざ靭帯断裂(その2) [cure/health]


1月6日、

N動物整形外科病院で

順番を待っている華です。


DSCF3936.JPG


神妙かつ不安げな顔を
していますが、

実は、不自由な足でも

「くんくん探索したい!」

ーーとウロウロ










 

整形外科専門病院、しかも休み明けとあって

大混雑が予想されました。

事前問い合わせのアドバイスに従い、

華姉が先に病院に行って受付(カルテ記入)を済ませ、

次にホームドクターに寄って最近の血液検査などの結果や

ここ数年に撮ったレントゲン写真などの一式をいただいて(預かって)、

華とリスボンを迎えに戻り、診察が始まる時間に合わせて再び病院へ。


まずは、人間で言えばいわゆる問診です。

持病やこれまでの病歴(+手術歴)、

現在、飲んでいる薬について、

また、

今回の状況(いつ・どんな状況で…という客観的情報)を詳細に尋ねられたあと、

華は先生に連れられて詳しい検査へ。

待つこと1時間少し。
診察室に呼ばれ、

院長先生から診断と今後について説明がありました。


レントゲン写真の結果から、
右・前十字靭帯完全断裂」で「半月板を損傷」という診断。
さらに!
左の後ろ脚の前十字靭帯がすでに切れていたことが判明。[がく~(落胆した顔)]
こちらは、それほど遠くも近くもない昔のことらしく、周囲の筋肉が
今は線維化して固まり、慢性の関節炎の状態だということです。
えええっ???

DSCF3881.JPG

2011年12月31日
平和公園にて。

ガシガシ歩いていたけど、
すでに左脚(後ろ)の
前十字靭帯は
切れて、固まって
関節炎状態だったのね。。。





腫瘍を覚悟して脾臓を摘出したら
爪楊枝が刺さっていたり(2009年の年末)など
「意外性」が持ち味の華ちゃんですが、
靭帯が切れていたら、さすがに私たちも気づいたはず。
だって、
華は毎日、家の1階と2階を自由に行き来していたんです。
靭帯を切ってたら、階段は登れないのでは???

でも、事実は事実です。

これまでは
不自由な左脚を、右脚でカバーしていたのでしょう。
その頼みの右脚の靭帯が切れて、
今は、立ち上がるときも、方向を変えるときも、歩くときも、
関節炎の左脚に負担がかかっているーーー
それがわかりました。

DSCF3884.JPG

2011年12月31日。
平和公園にて。

枯れ葉が覆う自然歩道を
うれしそうに歩いていました〜。











前十字靭帯断裂は、外科手術をすれば95%完治するそうです。
14歳でも、内臓に疾患がなく健康なワン子なら手術可能でしょうが、
現在の華は、
〝病気の総合商社〜〟な状態。
肝臓(胆のう)の数値が悪いのは以前からですが、

この日の血液検査では腎臓の状態がかなり悪いことも

判明してしまいました。

当然、全身麻酔の手術は不可能(相当ハイリスク)です。

なので

[1] 痛みの激しい10日間は、
  肝臓&腎臓&腸炎に影響のない〝弱い鎮痛剤〟を飲みながら
  安静に過ごす。

  (安静にしすぎるのも腎臓に悪いので、

   タオル等で吊り上げて補助しながら、少しは歩かせる)

[2] その後、運動を制限しながら
  2−3ヵ月をかけて、靭帯の周りの筋肉が線維化してくるのを待つ


ーーという
「外科的処置をしない保存療法」になりました。

たとえ、引きずるような歩き方になったとしても、
華が、折り合いをつけて4本の脚で歩けるようになることが
当面の目標です。

DSCF3893.JPG2011年12月31日。
長久手町にある
立石池(周囲1キロ)の遊歩道で。

平和公園のあと、
2011年の〝歩き納め〟として
華が好きな場所を
ハシゴしました。

桜が咲く頃、
ここにお花見に来るのが
まずは目標です。




ちなみに、先生の説明やいただいた資料によると

「前十字靭帯断裂」発症の特徴 はーーー


●小型犬より大型犬で多く、とくに

 シベリアンハスキーは発症の危険性が高い犬種
15キロ以下の中型犬では、
 7歳以降に靭帯が断裂する傾向がある。
●雄よりもでの発生率が高い。
●(発生率で見ると)不妊手術を行っている雌は、

 去勢していない雄の2倍も発症しやすい。

●右と左の膝関節の両側で断裂する頻度は31%前後
 ※片側の前十字靭帯断裂を起こした犬は
  1年半以内に20−40%で
  反対側の靭帯断裂が起こる可能性がある。


 

先生もおっしゃっていましたが、
華には該当するものばかりです!
(mixとはいえハスキーの血が入っているので)

説明の最後のほうで先生がおっしゃった言葉が
心に残りました。
先生のお宅にも12歳の大型犬(ゴールデン)がいるそうです。
「大型犬の13歳以上は、神様からのプレゼントがくれた時間ですから」

*1/21修正 先生の言葉が もっと柔らかい響きだったと思い、
                二人の記憶をたぐりました。


華が、不安なく気持ちよく過ごせるように、
加齢からくる身体の衰えと折り合いをつけながら、
寿命を全うできるように。
そんな気持ちで接してあげなくちゃ
ーーーと、改めて思いました。


ちなみに、
華は1月5日(負傷当日)6日(翌日)
座るのも、寝そべるのも、立ち上がるのも辛そうで
トイレのシートですべって尻餅をついたりもしました。[もうやだ~(悲しい顔)]
そして、
2日間、一言も声を発しませんでした。[もうやだ~(悲しい顔)]

でも、7日(3日目)からは
〝お庭散歩〟のときに、門に向かって歩き
「お外に散歩に行きたい!」と意思表示。
さらに、小言(文句ともいう)も復活。

気持ちの方は早々と回復したので、ホッとしました。


つづく〜



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

右ひざ靭帯断裂(その3) [cure/health]


DSCF3951.JPG
















後ろ脚・右ひざ靭帯断裂の華ちゃんには
赤い服を着てもらいました。
腸が詰まって手術・入院した後に、
傷口を舐めないようにと買ったもの(2005年)。
脇のところがマジックテープになっていて
脚を通さなくても着させることができます。
2年前の今ごろ(脾臓を摘出し退院した後)も着ていた〝赤いちゃんちゃんこ〟

華も、たぶんわかっています。
「今、あたしは病人(けが人)なんですね。
   安静にしてなきゃいけないんですね!」と。


DSCF3943.JPG




昼間は
日当りのよい2F和室の
コタツの一角で熟睡です[眠い(睡眠)]

ま、これは
靭帯切る前からですが……。






「安静」にしなくてはいけないものの、
まったく運動しないと内臓(とくに腎臓)に悪い。
なので、
タオルで下半身を吊り上げるなど
後ろ脚をサポートしながら歩かせる〝適度な運動〟は必要だと、
整形の先生から言われています。

それで、
2年前と同じく「お庭を散歩」させることにしました。
狭い庭ですが、滑りにくい花壇芝生土の上を歩けば
脚への負担も少ないし、
万が一、転んでしまっても
コンクリやフローリングより衝撃が少ないですし。

下半身(後ろ脚)を吊り上げる、
高齢犬用の歩行サポートグッズを探しに
ペットショップなどを見て回ったのですが、
脚を通さなくては装着できないものしか見つからず、
先生のアドバイスどおり、タオルで代用することにしました。
しかーし!
バスタオルで下半身を持ち上げるようにサポートすると、
見事に固まってしまって微動だにしません[ふらふら]

仕方ないので、リードを短く持って
3本脚の歩行に寄り添うようにして
よちよち歩きをサポートして………

……のつもりでしたが!
うちの美婆は、
気持ちの回復がとっても早いことを失念していました。

負傷から2日後の夕方には、
「お庭散歩しようね〜」と、玄関を出て芝生の上に降ろすと、
不自由そうな歩き方で門へ向かって一直線。
「お散歩に行きたい! 連れてって!」と見上げます。
(まるで2年前の再現だわ〜→こちら

DSCF3948.JPG


芝生の上を
歩いてほしいのに。
反抗期か?


リードを引っ張られない
(=好きなところへ
 行かせてくれる)
ーーと察知して(!)
私たちの思惑とは違う行動をとる
したたかな婆。









「ダメだよ。
 脚が治るまでは、お庭を散歩だよ」
と言い聞かせると
「わかったわ!
 ほんなら、庭の隅々まで歩かせてちょー」

ーーと、
文字どおり、普段なら歩かない木の下や、
ひと1人通るのがやっとの家の隅の隘路を歩いたり、
花壇の中へズカズカと入っていったり。[ダッシュ(走り出すさま)]

DSCF3946.JPG

「歩けるもん」の
アピールか?

突然、早足になったと思えば、
塀越しにお隣りさんを眺めながら
脚をぷるぷる震わせたりして
散歩係のリスボンを
慌てさせました。








DSCF3945.JPG



家の隅に置いてある
鉢を見つけて
興味深げに
1つずつ
匂いを確認。









ちなみに、
今回、華の「運動係」「階段を抱っこして上り下りするヘルパー」として
リスボンは正月の帰省を1月半ばまで延長。

「お庭散歩」も2日目、3日目になると
後ろ脚を2本をそろえて〝うさぎ〟のように、
3、4歩ほど軽く走ってみせたり
身体を少し傾かせながらも早足でガシガシ歩いてみせたり
そのたびに、
「ダメ!」と言って止めさせるのですが、
リスボンはヒヤヒヤです[あせあせ(飛び散る汗)]

時間にして10-15分、
歩く距離も合わせて百メートルくらいと
たいしたことないのですが、
張り切ったあとに、後ろ脚をぷるぷる震わせているのを見ると
「こんなふーに、好きなように歩かせても大丈夫なのか?」
「回復が遅れてしまうのではないか?」
と心配になり、
N動物整形病院に電話で相談もしました。
(うちの子は、痛みに鈍感なのかも……との不安も添えて)

院長先生からは、
転ばないように注意すること、
そして、走ったり跳んだりさせなければ
歩きたい欲求に応える「お庭散歩」はOK
ーーーとのお返事(ホッ)。[わーい(嬉しい顔)]

「歩きたいんだもーん」
「外の匂いを嗅ぎたいんだもーん」
ーーという意思表示は、
「あたし、元気なんだからね!」
ーーという生命力の表れのようで嬉しいです。
でも、単に「痛みに鈍感なだけ」なら、
こんな救いようのないこともありません。。。[たらーっ(汗)]
まあ、よい方に受けとっていますが。。。
(ちなみに、高齢犬になると痛みを感じづらくなるのは
事実とのことです。華が特に鈍感かどうかは別ですが)

まぁ、華は洋服のサイズもハーネスのサイズも
”上半身(胸周り)だけ”は”ハスキーサイズ”の子。
元々アンバランスな上半身と下半身の力が
今回はよい方向に(?)作用して、
つよいつよい前脚と胸筋でワシワシと歩けるのが
不幸中の幸いなのかもしれません。

DSCF3939.JPG


この「必死な顔」は
負傷した翌日(=整形外科病院に
行った日の晩)に、
飲み終わったヨーグルトドリンクの
入れ物を舐めている顔です。

痛みと病院へ行った疲れからか
グッタリ寝ていたのに、
首を伸ばして
「ちょーだい」の意思表示を
したので。。。

このあと、腸炎への影響がなくて
ホッとしました〜。












DSCF3938.JPG



今回は、
特別だよ〜
























DSCF3940.JPG









nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

その後の華 [cure/health]



少しさかのぼって1月15日、
負傷から10日目検診のために、N動物整形外科病院[病院]へ行ってきました。

DSCF3960.JPG
久しぶりの娑婆の空気に
ウキウキ?
(病院だけど…)

まだまだまともに歩けないのに
待合室で待っている小型ワン子に
ご挨拶しようとする華。
リスボンに強制抱っこされて
超不機嫌です。。。








整形外科的検査の結果、悪化もしていなかったのでホッ。
リハビリ専門のドクターによると
このままいけば2ヵ月くらいで、
今ほどの制限ナシで、歩けるようになれそうです。

まあ、このときも歩いてはいたのですが、
「最悪の痛みの時期が過ぎた」くらいの状況らしく、
跳んだり走ったりすると
半月板を損傷して、ホントに右脚が使えなくなる可能性はある状態。。。

「動きたくてたまらんビーム出しまくりの華を見ていると
ガシガシ歩かせてやりたくなります。
でも、靭帯のまわりが繊維化して固まるまで、
心を鬼にしてコントロールしなくては!

さて、
病院で 今のところ想定内の経過 ということを確認し、
さらに 体重も順調に増加 [がく~(落胆した顔)]  ということまで確認してしまったため、
せっかく家から出たついでに、途中の公園に寄ってみました。

久々のの匂いに、興奮気味でグイグイ歩こうとする華。
こちらはヒヤヒヤもの[あせあせ(飛び散る汗)]で、早々に引き上げました。
(したがって写真もなし)
なかなか坂や段差のない公園ってないものですね・・・
(起伏を歩くことで健康になるから仕方ないか)

日曜日の病院[病院]は予想通り大混雑だったので
公園を出る頃にはすっかりお昼を回ってお腹がグ~グ〜
出たついでにランチ[喫茶店][レストラン]も済ませようと
久々にcelena cafe(店内で犬もOK)に行ってみたら、
残念ながら貸切でNG[バッド(下向き矢印)]

寒いの覚悟で、こちらも久々の小空カフェに向かいました。
こんな真冬にテラス席で食べる酔狂な客はいないらしく
電話で営業しているかを問い合わせた私たちのために、
テラス席のテーブルや床を掃除してくださっていました。
(2011.10の台風でテラス前の池が決壊し、現在も水がない状態です)

それにしても、やけに床に鳥のフンの跡があるし
何やら騒がしいと思っていたら・・・

DSCF3963.JPG
コケコッコーの親子?
ワイルドなこちらのカフェでは
ヤギに続いて
鶏の飼育も始めたようです。














疲れた華がボーっとしていて
この子達に気づかなかったのが幸いでした。

気づいたら脚の痛みも忘れて興奮したかも・・・

フレンドリーな看板鶏?の彼らは、
上の写真のように
何度も「そちらに上がってもよいですか?」
とテラスに上がってこようとするのですが、
「もう少しお待ちいただけませんか?」と鶏相手にお願いすると、
「それではしばらく散歩してきます」
素直に引き下がっていただけました。
(こんな交渉を何度も繰り返しました(笑))

DSCF3962.JPG
車で待たせると
ひょっとして立ち上がって
脚を痛めるのでは?と
華も同席できるカフェにしたのですが・・・

すっかりおとなしく寝そべっていました。
久々の外だから疲れたよね。








怪我から10日で華連れランチができるとは
予想外でしたが、やっぱりこの季節はつらいね・・
お腹が冷えて、後で腹を壊した華姉でした[ふらふら]

ちなみに、この日を境に赤いちゃんちゃんこは一旦卒業。
すこし“病人モード”から気分を切り替えた華でした。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。