So-net無料ブログ作成

テレビにちょろーんと映りました [華の日常]

ずいぶんブログを放置していましたが、
もーすぐ15歳を迎える華は
なんとか元気に過ごしています。

DSCF4240.JPG














少し前に危ない状況になったのですが
それを超えたら、
食欲旺盛、(暑いのに)お出掛け要求もアップ! です。

さて、7月20日に放送された日テレ「未来シアター」という番組で
華がちょろーんと映りました。[わーい(嬉しい顔)]

P2012_0721_152151.JPG


テレビ録画を静止させて
撮った写真なので
ボケていますが、
手前右の赤い服が華です。








番組は、
事故や神経系疾患などから歩行が困難になった犬に
水中でのリハビリ医療(ハイドロセラピー)を行う
渡邉先生の紹介でした。

渡邉先生は、
今年1月、華が靭帯断裂したときにお世話になった
名古屋動物医療センター(旧・名古屋動物整形外科)のリハビリ長をされています。

P2012_0721_152719.JPG



















6月半ば
靭帯断裂のその後の経過チェックのために
名古屋動物医療センターに行くと、
ちょうど、この番組の撮影が行われていました。

待合室の様子を撮っているカメラマンの方から、
声をかけていただきました。
深刻な患畜さんが訪れている中で
華が一番ヘラヘラ元気そうだったからかもしれません。
思いっきり全身ブルブルッとして、
エヘヘ… と笑っている華が、ほんの一瞬ですが映っていました。

1月に「靭帯断裂」とわかったとき(こちらこちら)は
重い気持ちで訪ねた病院ですが
約半年弱で、本当に、ここまでよく回復してくれたものです。
四肢のふんばりが必要な、全身ブルブルッができるようになるなんて!

ホームドクターがおっしゃるように、
華は「生命力が強い」のかなぁ。

以下、待合室での華〜

DSCF4232.JPG


待合室の窓際は
カフェのようです。
待ち時間が長いので
少しでも気分を開放するための
病院の配慮だろうなあ、と
思います。











この日のレントゲン
整形外科的チェック(歩行や痛み度チェック?)の結果から
順調に自然治癒できていることを確認。

靭帯断裂をきっかけに
歩く機会が制限されたため、
前脚も弱くなったのは確かですが
華の動きを見た先生のお墨付きもいただき、
ホッとしました。[わーい(嬉しい顔)]

DSCF4233.JPG














華は、なぜか昔からポメちゃんが大好き[黒ハート]
待合室で出会った1歳の男の子
華が寄っていかないはずはありません。

深刻な状況の子ではないようで
飼い主さんも遊ばせてくれました。
DSCF4236.JPG


















でも、
華の「遊ぼ、遊ぼ」のしつこさ(?)に
ポメ君、ママの膝へ避難(笑)。

DSCF4237.JPG













さらに、
アカンベーまでされてるよ、
華バーちゃん。
DSCF4238.JPG














診察が終わり、
「やっと帰れるのね」と
意気揚々とエレベーターに乗り込む華。
最近、華はエレベーターがお気に入り。
ドアの前に行くと、「早く開きなさいよ」と見上げます。

DSCF4241.JPG
DSCF4242.JPG























エレベーターの中。
鏡に驚くこともなく
怖がることもなく
自分の顔色&表情チェック。
歳は食っても女の子です。

1Fに着いてドアが開くと
スタスタ外へ。
この動じなさも
子供の頃から変化ないです。





自力で階段の昇り降りができなくなった華。
「うちにもエレベーターつけてよ。
 あ、ボタンはアタシが操作できる高さでね」
 ーーーという無言の要求でしょうか?





nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。